BOOK
フィルムカメラで切り取った北関東の
ヴィンテージな空間、時間。

「モノを大切に使いつづける」という美意識は私たちの暮らしを豊かにしています。美意識や価値観は働く場や暮らしの場にも存在し、「古いものが好き」という単なる嗜好ではなく、空間に流れる時間を整え、体に馴染むリズムで暮らすための思想とも言えます。「モノや空間への思いやりはヒトへの思いやり」と考えてみると、モノを大切にする豊かな暮らしから、人や地域に優しい社会が始まるのかもしれません。本書ではそうした生き方、暮らし方のヒントになる人、場所をご紹介いたします。

くらし と ヴィンテージ

写真:堀川 文宏、ほりかわ 波
文・取材:アデラ・コンテンポラリー( 鈴木 正則)
2018年1月31日発行
本体価格 ¥2,000+税
くらしとヴィンテージ〈1冊〉
くらしとヴィンテージ〈10冊セット〉
※当サイトのショッピングカートは
 STORES.jpを利用しています。